【3行解説・図解有り!】生物心理社会モデル(BPSモデル)とは?わかりやすく徹底解説!

「心理学を学び始めたいけど何から手を付けてよいかわからない」

「学校で生物心理社会モデル(BPSモデル)を勉強したが、いまいちわからない」


このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そんな方々のために、心理学のキーワードの1つである生物心理社会モデル(BPSモデル)をわかりやすく解説します!

これから心理学を学びたい方や、臨床心理学勉強している方まで、是非参考にしてください!


 

目次

1.生物心理社会モデル(BPS)とは?わかりやすく3行でまとめると

2.生物心理社会モデル(BPSモデル)の手法を図解解説!

3.生物心理社会モデル(BPSモデル)と現場

4.まとめ

 

1.生物心理社会モデル(BPS)とは?わかりやすく3行でまとめると


忙しい人のために3行でまとめてみました!!


・生物心理社会モデル(BPS)とは、精神疾患のサポートにおける基盤となる考え方である。

・精神科医のジョージ・エンゲルが1970年代に提唱した。

・「生物」「心理」「社会」のそれぞれの専門家が協力してサポートにあたることが大切である。


2.生物心理社会モデル(BPSモデル)の手法を図解解説!

ここからは生物心理社会モデル(BPSモデル)の考え方について解説をしていきましょう!

そもそも、本モデルは臨床心理学における精神疾患を持つ方へのサポートの場で基本となる考え方です。


これは、精神疾患を持つ方が下記の3つの要因それぞれが、どのように影響を及ぼしているかを考えます。


①「生物」的要因:遺伝なども含む身体の状態

②「心理」的要因:ストレスなどの心の状態

③「社会」的要因:対象者を取り巻く環境


ここでは「何か一つの要因だけで現状につながっているわけではない」ということを覚えておきましょう!


3.生物心理社会モデル(BPSモデル)と現場

では、生物心理社会モデル(BPSモデル)に基づいて考えると、現場ではどのように精神疾患を持つ方をサポートすることが良いかを見ていきましょう!


それは、各分野の専門家が協力してサポートしていくことです!


単語としてあらわすと「チーム医療」と表現でき、これは厚生労働省も推進しています!

(参考資料:https://www.jshp.or.jp/cont/10/0323-3.pdf)


精神疾患を持つ方以外のサポートに関しても言えることですが、1つの視点ではなく多様な視点からのサポートが求められています!


4.まとめ

皆さんいかがだったでしょうか!

「生物心理社会モデル(BPSモデル)」について、理解できましたか!?


もし新しい発見があった方や、まだ理解しきれていないので、ほかの人と会話しながら勉強したいという方はこちらからフォーラムに参加してみてくださいね!