【どうぶつ絵本】子どもが大喜び!どうぶつ絵本おすすめ10選!【2021年版】



絵本は子どもを楽しませながら知識を伝える、大切な道具です。 そのジャンルは多岐にわたり、目的を持って探すとなるとなかなか大変なものです…

・どうぶつを題材にした絵本ってあるの…? ・どうぶつは好きだが、絵本に興味を示さない… ・読み聞かせをしたいけど、どの絵本がいいのかわからない… こういった悩みを感じる方々は多いのではないでしょうか? 本記事ではそういった方向けに、 プロが厳選した、どうぶつを題材にした子どもが大喜びする絵本おすすめ10選をご紹介します! 是非この記事を参考に、最適な食育絵本を選びましょう!




目次

1.すごい!どうぶつパーク

2.なきごえがたのしい こども どうぶつずかん

3.どうぶつ (赤ちゃんの脳を育てるBABY TOUCH)

4.リアルなおとでたくさんあそべる! どうぶつえほん

5.のりものゴー!ゴー! おしゃべりどうぶつバスえほん

6.パンダ銭湯

7.これがほんとの大きさ

8.どうぶつのあかちゃんうまれた

9.あなたがだいすき

10.ねむねむごろん

11.最後に

1.すごい!どうぶつパーク

あらすじ


子どもが楽しみながら読めるよう、どうぶつごとの特徴や鳴き声を

オノマトペでわかりやすく表現してくれています!

また、どうぶつの生態に関しても触れられるので、子どものどうぶつ知識が増えること間違いなし!

めざせどうぶつ博士!


2.なきごえがたのしい こども どうぶつずかん

あらすじ


掲載しているどうぶつの種類は、なんと大充実の100種類!

図鑑の表面をタッチすることで鳴き声も覚えることができます!

鳴き声クイズなどで子どもが一人でも楽しめるしかけが盛りだくさん!


3.どうぶつ (赤ちゃんの脳を育てるBABY TOUCH)

あらすじ


赤ちゃんでも楽しめるよう、視覚・聴覚・認識力・触覚・情緒をさまざまなアプローチから刺激する作りになっています!

身近な動物に本で慣れ、実際に子どもがどうぶつと触れ合えるようにしてみませんか?

便利な小さいサイズなのでお出かけのお供にも!


4.リアルなおとでたくさんあそべる! どうぶつえほん

あらすじ


こちらは鳴き声はもちろんですが、さらにゲームのようにモード切替が可能な絵本です!

ペンになれるにもいいかもしれませんね!

また、ページごとのカテゴリ分けが子どもにもわかりやすいようになっています!

実際にどうぶつと触れ合うかのような体験を、この絵本を通してしてみてはいかがでしょうか?


5.のりものゴー!ゴー! おしゃべりどうぶつバスえほん

あらすじ


こちらの絵本は、どうぶつだけでなく、乗り物が好きな子どもにもおすすめです!

自分がバスを運転しながら、お客さんとしてのってくるどうぶつを覚えることができます!

また、なんと録音機能付き!

バスのアナウンスを自分で吹き込むことができます!

盛りだくさんな楽しい仕掛けで、子どもが喜ぶこと間違いなし!!


6.パンダ銭湯

あらすじ


こちらはパンダの親子が銭湯に行き、パンダの秘密を教えてくれる絵本です。

大人気作家Tupera tuperaさんの作品で、独特の世界観が広がります!

本当のパンダの生態が書いてあるわけではないですが、とてもおもしろいので

子どもはもちろん、大人も笑える作品です!


7.これがほんとの大きさ

あらすじ


みなさんは「ゴリラの手の大きさは?」と聞かれたときに、どれぐらいか想像できますか?

そんな、意外と知らないどうぶつの大きさを実物大で教えてくれる絵本がこちらです!

子どもが自分の手や顔大きさと比べながら読むのも楽しそうですよね!

驚きと発見が盛りだくさんな絵本です!


8.どうぶつのあかちゃんうまれた

あらすじ


こちらはどうぶつの「赤ちゃん」に焦点を当てた絵本です!

どうぶつたちがかわいいイラストで描かれています!

また、成長した後とは全然見た目が違う動物もいるので、子どもに新たな発見を与えてくれる絵本です!


9.あなたがだいすき

あらすじ


暖かいどうぶつのイラストとともに、愛情を感じることができる絵本になっています!

こちらの絵本を通して、情緒あふれる子どもに育ちそうですね。

どうぶつとの触れ合いを通して、安らぎを覚える方も多いと思いますが、

絵本を通して、そのような体験を疑似的に感じることができるような、優しい絵本になっています。


10.ねむねむごろん

あらすじ